PHYSIOに関する記事一覧


PHYSIO

今回は、このオイルプリングを実際に毎日続けることで、改善した一つの例とその根拠となる研究を紹介していきます。そして、口腔ケアにも気をつけたいと思うのであれば、あなたの朝のルーティンにも入れてみてください。

ATHLETE PHYSIO TRAINING WESTERN

ぽっこりお腹が腹圧を高め、パフォーマンスを向上させ、ケガのリスクを下げること、そしてそのためにはどこの身体の部位に気をつけるべきかということを解説していきます。

ATHLETE PHYSIO TRAINING WESTERN

スポーツ選手の間でウェイトトレーニングをやると筋力はつくけど体が重くなってパフォーマンスが下がるとよく耳にすることがあります。 なぜそのような結果になるのか、ウェイトトレーニングは悪なのかそのような疑問に対して書いていきます。

PHYSIO WESTERN

スポーツ現場で必要な足関節の整形外科的テストのまとめです。オランダでよく使われているテストを紹介します。

PHYSIO WESTERN

フィジオセラピストとして監督や選手から現場で求められることというのがいくつかあります。その内の一つとして、選手が怪我をした時の状態の把握するための整形外科的テストの知識や技術があります。 今回は、この整形外科的テストがなぜ現場で求められるのかということをフィジオとして働いた経験から書いていきたいと思います。

PHYSIO WESTERN

今回は足関節捻挫でも完治するまでの期間が長いとされている Syndesmosis Injury (high ankle sprain) について書いていきます。

ATHLETE ORIENTAL PHYSIO TRAINING WESTERN

今回はハムストリングスに問題を抱えている症例をもとに、肋骨の自由度と筋機能が密接に関係していることが臨床上みられることが多いので、そのことについて書いていきます。 内容に関しては、基本的にはトレーナー向けの記事になりますが、アスリートの方も興味があれば読んでみて下さい。

LITERATURE PHYSIO

今回は、前回の ”【研究レビュー 9】機械によるバイブレーショントレーニング1” ”【研究レビュー 10】機械によるバイブレーショントレーニング2” で明らかになったWBVトレーニング(全身振動トレーニング)効果を踏まえた上で、さらにこのトレーニングの長期的効果に着目した研究をみていきます。

LITERATURE PHYSIO

今回は、前回の”【研究レビュー 9】機械によるバイブレーショントレーニングの研究1”で明らかになったWBVトレーニング(全身振動トレーニング)効果を理解した上で、さらにこのトレーニングの短期的・即時効果に着目した研究をみていきます。

LITERATURE PHYSIO

今回は、バイブレーショントレーニングについて論文を用いて、バイブレーションと怪我の予防、リハビリに関係についてどのような効果があるのかをみていきたいと思います。