【朝に特製ドリンクを飲もう】朝の最強ルーティン3

DIETS HEALTH PHYSICAL

3つ目の朝の最強ルーティンとして、朝食の代わりとして特製ドリンクを飲むことを紹介します。

目次

  1. 朝食を特製ドリンクにする半日断食
  2. おすすめ特製ドリンク
    スロージューサードリンク
    スピルリナドリンク
    ビーガンプロテインドリンク
  3. まとめ

スポンサードサーチ

1.朝食を特製ドリンクにする半日断食


断食とは別名ファスティングといい、断食を勧めている人たちの理由として、内臓を休ませること空腹を感じることで自律神経を整えたり、代謝を上げる効果を示すことが多いです。ファスティングの種類として、水だけのものやドリンクを飲むもの、そして長期間行うものから半日だけ行うものと様々なものがあります。

僕自身もこのファスティングに関しての考え方として、体を激しく動かすスポーツ選手でない限り、どんな人にでも健康的なメリットがあると考えています。

以前に現代人は食べ過ぎであるためファスティングも一つの手段であることを説明したブログ記事も書いたので、ご覧ください。

» 飽食の時代にこそスロージューサー

一般的に半日断食は、朝食を抜いたりすることを指します。しかし中にはそれでも実行するのが難しいと感じる人もいるのではないでしょうか?

もしあなたがそのようなことを考えているのであれば、ここで紹介する朝食を特製ドリンクにする半日断食をお勧めします。

簡単にいうと、栄養価の高いドリンクを朝食の代わりに飲んで、消化の負担を少なくしかつ空腹の辛さを楽にするということです。

ここからは用途別にドリンクを紹介していきます。

2.おすすめ特製ドリンク


お勧めする特製ドリンクは以下の3つです。

スロージューサードリンク
スピルリナドリンク
ビーガンプロテインドリンク

これらは得られる効果が違うため目的によって選択するといいです。

スロージューサードリンク

スロージューサードリンクとは、スロージューサーを使って果物を絞った酵素ジュースになります。
細かなことを知りたい人は上記でも紹介したこのブログを読んでください。
» スロージューサーについて

主な効果としては、ファイトケミカルや酵素がスロージューサードリンクには含まれていることが多いため、老化防止、スキンケア、抗酸化作用、そして新陳代謝やホルモンバランスの調整などが期待されます。

ファスティングで、痩せたい人内臓を綺麗にしたい人体調をよくしたい人などにお勧めです。

スピルリナドリンク

スピルリナドリンクとは市販で売られている粉状のスピルリナを水に溶かしてただ飲むだけです。

スピルリナは熱帯地域に住む菌の一種でタンパク質が多いことからプロテインの代わりとして使われることやビタミン、ミネラルの含有量が多いことから健康を促進するスパーフードとされています。

以下、主に効果があるとされている内容です。

抗酸化作用と抗炎症作用
悪玉コレステロールの低下
抗ガン作用
高血圧の予防
抗アレルギー作用
貧血の改善
筋力・持久力の向上
血糖値のコントロール作用

実際にまだ謎が多いことから、効果があまりないという研究者もいるみたいですが、使ってみた個人的な感想としては補助栄養食品としてとてもいいものだと思います。味がすごくまずいのでまずいのが苦手な人は飲むことができないかもしれません。

ビーガンプロテインドリンク

ビーガンプロテインは、主に以下の3つがお勧めです。

・玄米プロテイン
・ヘンププロテイン
・ピープロテイン

主にHIITを行なった日にはこのようにタンパク質が多く含まれているプロテインドリンクをお勧めします。

この3つのビーガンプロテインの特徴として、アレルギー物質がないためビーガンプロテイン でも大豆プロテインのようにアレルギーを起こすことがほとんどありません。

また消化がしやすく、熱生産をあげて体重の減少にも役立ちます。
主な成分としては、BCAAやミネラル、ビタミンを多く含んでいることが特徴です。

ピープロテインは上記の成分で主にアルギニンや鉄分、マグネシウムを多く含んでいます。

また玄米プロテインも同じく栄養豊富かつ食物繊維も多く含んでいます。

ヘンププロテインの特徴としては、他のプロテインよりもタンパク質の含有量は少ないですが、オメガ3脂肪酸を含んでおり、抗炎症作用やホルモンの調整にも役立ちます。

スポンサードサーチ

3.まとめ


今回は半日断食をするにあたって、消化に負担がかからないように栄養素を摂るための特製ドリンクを紹介しました。

スロージューサーを使ったドリンク、スピルリナを使ったドリンク、そしてビーガンプロテインを使ったドリンクはそれぞれ、自分の体調や気分に合わせて使い分けてもいいかもしれません。

それぞれ効果として新陳代謝を良くしたり、抗炎症作用があったり、血糖値のコントロール作用があったりと様々ですので、自らの健康の目的を明確にしてそれにあった選択をしてみてください。

ここでは紹介していませんが、リンゴ酢を使った肝臓、腎臓デトックスドリンクや、番茶と梅干しを使った体をデトックス効果のある飲み物など探せば山ほどあると思います。

自分にあった朝の特製ドリンクルーティンを作ってみてはどうでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。

参考文献

1) Shih CM, Cheng SN, Wong CS, Kuo YL, Chou TC. Antiinflammatory and antihyperalgesic activity of C-phycocyanin. Anesth Analg. 2009 Apr;108(4):1303-10. doi: 10.1213/ane.0b013e318193e919. PMID: 19299804.2) Farooq SM, Boppana NB, Devarajan A, Sekaran SD, Shankar EM, Li C, Gopal K, Bakar SA, Karthik HS, Ebrahim AS. C-phycocyanin confers protection against oxalate-mediated oxidative stress and mitochondrial dysfunctions in MDCK cells. PLoS One. 2014 Apr 1;9(4):e93056. doi: 10.1371/journal.pone.0093056. Erratum in: PLoS One. 2014;9(7):e103361. Asokan, Devarajan [corrected to Devarajan, Asokan]. PMID: 24691130; PMCID: PMC3972226.

2) Romay Ch, González R, Ledón N, Remirez D, Rimbau V. C-phycocyanin: a biliprotein with antioxidant, anti-inflammatory and neuroprotective effects. Curr Protein Pept Sci. 2003 Jun;4(3):207-16. doi: 10.2174/1389203033487216. PMID: 12769719.

3) Park HJ, Lee YJ, Ryu HK, Kim MH, Chung HW, Kim WY. A randomized double-blind, placebo-controlled study to establish the effects of spirulina in elderly Koreans. Ann Nutr Metab. 2008;52(4):322-8. doi: 10.1159/000151486. Epub 2008 Aug 19. PMID: 18714150.

4) Ishigaki Y, Oka Y, Katagiri H. Circulating oxidized LDL: a biomarker and a pathogenic factor. Curr Opin Lipidol. 2009 Oct;20(5):363-9. doi: 10.1097/MOL.0b013e32832fa58d. PMID: 19625960.

5) Mazokopakis EE, Starakis IK, Papadomanolaki MG, Mavroeidi NG, Ganotakis ES. The hypolipidaemic effects of Spirulina (Arthrospira platensis) supplementation in a Cretan population: a prospective study. J Sci Food Agric. 2014 Feb;94(3):432-7. doi: 10.1002/jsfa.6261. Epub 2013 Jul 10. PMID: 23754631.

6) Cingi C, Conk-Dalay M, Cakli H, Bal C. The effects of spirulina on allergic rhinitis. Eur Arch Otorhinolaryngol. 2008 Oct;265(10):1219-23. doi: 10.1007/s00405-008-0642-8. Epub 2008 Mar 15. PMID: 18343939.

7) Carmel R. Nutritional anemias and the elderly. Semin Hematol. 2008 Oct;45(4):225-34. doi: 10.1053/j.seminhematol.2008.07.009. PMID: 18809092.