初心者のためのスペイン語 【発音・数字・簡単な自己紹介と挨拶】

ABROAD SPANISH

スペイン語を習おうと思っている方へ『スペイン語の発音を知りたい、10まで数えたい、簡単な挨拶がわかりたい。』

このような方に僕が習っているスペイン語をシェアします。

目次

  1. スペイン語の読み方を覚えよう
    ・発音の仕方
    ・ 有名なスペイン人の名前を読んでみる
    ・ アルファベットの読み方
  2. 簡単な数字と自己紹介・挨拶
    ・1から10の数字を覚える
    ・自己紹介をする
    ・8つの挨拶の仕方

スポンサードサーチ

1 スペイン語の読み方を覚えよう

発音の仕方

基本的にスペイン語は日本人にとって発音しやすいと言われています。英語と違ってほとんどがローマ字読みだからです。中には例外もありますが、英語、オランダ語を学んだ僕としては、一番スペイン語が発音しやすいと思っています。基本的に発音の仕方は英語と70%くらいは一緒です。残りの30%のスペイン語独特の発音の仕方を紹介します。

c Carmen(カルメン)
Cecilia (セシリア)
カ行と同じ発音
サ行と同じ発音
ch Chema(チェマ) 英語のChocolateの”CH”と同じ発音
g Gabriel(ガブリエル) ガ行と似てる発音
h Hilda(イルダ) hは発音されない
j Julia(フリア) ハ行で喉が詰まったような発音
ll Guillermo(ギイェルモ) や行と同じ発音
ñ Toño(トニョ) ニャ・ニィ・ニュ・ニェ・ニョの発音
qu Joanquín(ゴアンキン) カ行と同じ発音で”U”の発音をしない
r Roberto(ロベルト) 舌をまくように発音する”R”
v Eva(エバ) バ行と同じ発音、英語の”B”と同じ発音
y Yolanda(ヨランダ) ヤ行と同じ発音
z Azucena(アスセナ) 英語の”TH”と同じ発音、サ行と似ている

そこまで難しくは、なかったと思います。
それでは、練習で下の単語を読んでみましょう!

la tortilla
la musica
la información
la paella
la guitarra
la organización
la playa
la geografia
la universidad
el teatro
el español
el quiosco
el hotel
el concierto
el chocolate

有名なスペイン人の名前を読んでみる

スペイン人のほとんどはミドルネームというのがなく名字を2つ持っていることがあります。例えば子供が生まれたとして、1個目の名字は父親の1個目の名字から、2個目の名字は母親の1個目の名字からもらうことが一般的です。

それでは、スペインの有名人の名前を読んで発音の練習をしてみましょう!

名前 名字 1 名字 2
Alejandro Rodríguez Moreno
Ana María Sánchez Alonso
Antonio García Jiménez
Carmen Martín Muñoz
Cristina Pérez Gutiérrez
Francisco Fernández Ruiz
Javier Gómez Hernández
Manuel González Díaz
María López Álvarez
María José Martínez Romero

アルファベットの読み方

実はアルファベットの読み方が英語と違います。オランダ語の時も違ったのですが、各国ごとに独特のアルファベットの読み方があるみたいです。
以下、スペイン語のアルファベットの読み方です。

A a a
B b be
C c ce
CH ch che チェ
D d de
E e e
F f efe エフェ
G g ge
H h hache アチェ
I i i
J j jota ホタ
K k ka
L l cele エレ
Ll ll elle エイェ
M m eme エメ
N n ene エネ
Ñ ñ eñe エニェ
O o o
P p pe
Q q cu
R r erre エレ
S s ese エセ
T t te
U u u
V v uve ウベ
W w uve doble ウベドブレ
x x equis エキス
Y y i griega イ グリエガ
Z z zeta セタ

自分の名前をアルファベットで言ってみよう!

Hidekazu
hache – i – de – e – ka – a – zeta – u

Kuwabara
ka – u- uve doble – a – be – a – erre – a –

めっちゃ大変笑。

2簡単な数字と自己紹介・挨拶

1から10の数字を覚える

旅行などで海外に行くときに少なくとも数字を言えた方が、レストランでの注文などでとても役に立ちます。スペインはたまに英語通じないことがあるので、数字くらいスペイン語で言えてもいいかもしれないですね。

0 cero
1 uno
2 dos
3 tres
4 quatro
5 cinco
6 seis
7 siete
8 ocho
9 nueve
10 dies

ウノってカードゲームで聞いたことあると思いますが、スペイン語から来ていたんですね。実はスペイン語を習うまで知りませんでした笑。
覚えるコツとしては、0から10までの数字を3日間一日100回ずつ唱えてみてください。そしたらもう頭から離れません。

自己紹介をする

海外のあるあるですが、初めて人に会ったときには自分の名前を名乗ることが一般的です。仲良くなる一歩として、名前の自己紹介を堂々とできることは第一印象でも違ってくると思います。

一般的な自己紹介は以下の通りです。

Me llamo Hide, ¿y tú?
(ヒデって呼んで。君は?)

María. ¿Cómo te llamas?
(マリアだよ。君は名前なんていうの?)

Soy Robert.
(僕はロベルト。)

南米のスペイン語圏の国では年上の人に対して日本の敬語のような言葉の使ったりします。年上の人を敬う文化があるんですね。
以下具体例です。

Me llamo Hide, ¿y usted?
(ヒデって呼んでください。あなたは?)

María. ¿Cómo se llama usted?
(マリアです。あなたは名前はなんですか?)

Soy Robert.
(僕はロベルトです。)

ここで細かい文法は話しませんが、tú の代わりに usted を使います。

8つの挨拶の仕方

また海外のあるあるですが、道を歩いてても知らない人から挨拶されることや買い物したときにサヨナラという習慣があります。挨拶ができるだけでもコミュニケーションが取れている間が出て、自信にもつながるので覚えてみてください。
以下、8つの簡単な挨拶の仕方です。

hola やあ
adiós さようなら
buenos días おはよう
buenas tardes こんにちは
buenas noches こんばんは
hasta pronto またすぐにね!
hasta luego またね!
hasta mañana また明日!

スポンサードサーチ

まとめ

  • アルファベットの読み方が英語とは違う。
  • 発音が日本人にとって割と簡単。
  • 数字を言えると注文が楽になる。
  • 自己紹介が堂々とできることで、第一印象をよくする。
  • 挨拶をして、コミュニケーションをとってる感を出して、自信につなげる。

僕もスペイン語を習ったばっかなのでこれからですが、もしあなたがスペインに旅行で行く予定があったり実際にスペインに住みたいと考えていて、少しでもスペイン語に触れようと思えてもらえたら嬉しいです。

今回は以上です。